腰部脊柱管狭窄症などの治療の選択【諦めない痛み解決ログ】

医者

手術をしない方法

看護師

腰椎椎間板ヘルニアの治療を行なうという時はまずは外科手術が伴う方法と、そうではない方法で選ぶと良いでしょう。整体院などの施術で痛みを改善することも可能になっています。

Read More...

正しく原因を知る

腰痛

腰部脊柱管狭窄症になると足の痺れが顕著に見られるといいます。脊柱管が圧迫させるため痺れ以外に腰の痛みも伴い、腰部脊柱管狭窄症は非常に辛い痛みが伴う症状として知られています。もし腰部脊柱管狭窄症の疑いがあるという場合は、まずは腰部脊柱管狭窄症の正しい知識を身につけることが必要になっています。例えば元々腰部脊柱管狭窄症になりやすい体質として先天性の方がいると言われています。こういう方は早めに対策を行なうことで痛みを和らげることが出来たり、また症状を軽くすることなども可能になります。後天性の場合はある日突然なる可能性もあり、基本的に気を使って検査などをしないかぎり予防したり症状を軽くしたりすることは難しくなります。ですが勿論痛みを改善するための方法は存在し、施術で痛みを改善できることもあります。
後天性の腰部脊柱管狭窄症の原因は腰に多くの負担をかけた事が最も直接的な原因と言われています。スポーツのし過ぎなどで腰部脊柱管狭窄症になってしまう方は多く、たいていの方が腰が弱ってくる年齢になった時に生じるとされています。また事務作業など長時間座るという体制を続けている人もなる確率が高まると言われています。根本的な原因はこういったものですが、勿論人によっても大きく異なり、必ず原因が決まっているわけではありません。そのため治療も患者に合わせて行なうのが一般的で、きちんと診療することで最適な治療方法を行ってくれます。

予防方法を知ろう

病院

腰痛は予防することが可能で、一般的には無理な体制をとらなかったり酷使しなかったり悪い姿勢を続けないなどの方法があり、食生活を正すことも効果があるとされています。

Read More...

名医に診てもらう魅力

女性

ヘルニアと診断された時は一度ヘルニアなのか否かを確認するためにもセカンドオピニオンとしてヘルニア手術名医のいるクリニックで診断してもらうと良いでしょう。誤診が多いと言われています。

Read More...